current state

Alternating between invincibility and fear. 手枷足枷を振り落とそうと足掻きながら生きている感じ。 他の人のようにならなきゃと必死だった。自分を大切に産んで育ててくれた親でさえも、他の人のやるようにやりなさいと言った。学校でもあまり目立たないように、真面目すぎず適当に面白い友達でいた。会社では、与えられた仕事をこなし、面倒な行事にも顔を出した。自分が誰だか分からなくなった。 Continue reading current state

it’s not me

Sometimes, we believe we are invincible and righteous at the same time. We step on other human beings in order to stand tall.

Our economy is fueled by inequity. We become the oppressed and bullies and are rewarded by meager paychecks.

By looking away and walking away, saying that it’s not me, that I don’t do it, we protect our loved ones and our lives in make-believe safety and remain outsiders.

Continue reading “it’s not me”

torpor

  To dream, to achieve, and to thrive. Seize everything and embrace nothing. I’d instead run while its’ still fun and keep searching. Because… Will I, for sure, get to see another day when the sun rises? 夢って何なんだろう。 夢を叶えるって。 やりたいことって。 次々に手をつけては、 放っていくのは悪いのかって。 あてもなく走り続ける。 明日があるのかって。 陽がまた確実に昇るのかって。   Continue reading torpor

hero

  “Are you doing okay?” The hand is caked with dirt and blood and smudged with sweat. You have been fighting alone and still take the time to offer your hand. No such hero is coming to rescue me in the jungle.   歯を食いしばって一人で戦っているのは君なのに。そんな君は、くたばっている僕に手を差し伸べる。   Continue reading hero

the abyss

  I am falling into an abyss of my sorrow, pain, and self-pity, which is so deep that I could not touch the bottom.     お姉ちゃんなんだから譲りなさいと言われた記憶はない。何かで数が足りなくなって辞退したら褒められたのだろうか。大抵余り物を手にする。その方が気が楽だ。負けたら悔しいと思うことはあっても、何としてでも何かを勝ち取ろうと思ったことがないし、そこまで欲しいと思ったものもない。あの夏の午後、進路選択の書類を学校から持って帰った私に、母が、私と弟両方を大学に行かせる余裕はないと告げた日も、母にこれ以上説明をさせてはいけないと、それだけだった。自分が大学に行くものだと信じて疑わずにいて本当はがっかりしていたとは、すぐには自分でも気づかなかった。未だに忘れられないってことは、よっぽど心残りや未練があるなと、今、苦笑する。     Continue reading the abyss